若々しくあるためにイソフラボンを

イソフラボンの過剰摂取にご用心

豆乳と言えば大豆からできている飲料で、良質な栄養や大豆イソフラボンが含まれており、美味しくて身体に良いというイメージがあります。

しかし、たくさん飲めばいいのかと言えば、そうではありません。過剰摂取には気を付けたいイソフラボンですが、食品安全委員会によると大豆イソフラボンの1日に摂取しても良いとされる目安量は、上限70~75mgまでと言われており、そのうち特定保健用食品やサプリメントなどでの摂取目安上限は、30mgまでに止めるように提唱されています。

大豆イソフラボンは主に大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドという色素のひとつで、体内に於いて女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じような働きをする効果があるため、植物性のエストロゲンとも呼ばれます。主な効果は骨粗しょう症の予防や更年期の不調として現れる高血圧やコレステロールの抑制、循環器疾患リスクの軽減効果などが挙げられます。

中でも女性ホルモンとの関連から、乳がんや前立腺がんの予防にも効果的であるとして期待されている成分です。しかし、月経のある女性のイソフラボンの摂りすぎは、血中ホルモン値が変動したり月経周期が延びるなどの月経不順を引き起こす恐れがあります。大豆製品の他にサプリメントを併用するなどして過剰に摂取すると、健康を目的とした摂取であるにも関わらず、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり、月経の乱れの他に子宮内膜増殖症などのリスクが高まるのです。

ただ、通常の食事で摂取する分には問題はなく、むしろ健康に有益であることがわかっているので、食事では積極的に取り入れたい成分です。ただし、サプリメントなどで補助的に摂取する場合には過剰摂取にならないように注意をすることが肝要なのです。