若々しくあるためにイソフラボンを

大豆イソフラボンの効果を高める食べ方がありました!

大豆イソフラボンの働きには様々なものがあります。美肌効果や、がんのリスクを下げる効果、骨粗鬆症や生活習慣病を予防する効果があるので、いつまでも若々しく健康的に生きたいという方は積極的に摂るとよいでしょう。

また大豆イソフラボンには、脳の血流をよくしてくれる効果があります。エストロゲンには脳細胞を活発化させてくれる働きがあります。大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれるため、同じように脳細胞の働きを活発化させてくれるので、やる気が出てきたり、前向きな考え方が出来るようになったり、認知症の予防にも効果があると言われています。

大豆イソフラボンは一日40ミリグラムから50ミリグラム摂るとよいのですが、さらの効果を高めてくれる摂り方があります。大豆イソフラボンと同時にある成分を摂ることで相乗効果が増すのです。骨粗鬆症を予防したいという方は、カルシウムを一緒に摂りましょう。納豆や豆腐などの大豆食品と一緒に、牛乳や小魚、青菜などカルシウムが豊富な食品と組み合わせることによってカルシウムの吸収を高めることが出来ます。

悪玉コレステロール値を下げたいという方は、DHAやEPAを含む魚や食物繊維などを一緒に摂るとよいでしょう。血液中の悪玉コレステロールと、中性脂肪を減らしてくれる効果があります。食物繊維を一緒に摂ることで、食事のコレステロールを食物繊維が吸着し、体外へ排出させてくれます。美肌になりたいという方はタンパク質やビタミンCを一緒に摂るとよいでしょう。