若々しくあるためにイソフラボンを

髪の悩みを解消してくれるイソフラボン効果とは?

加齢とともに抜け毛や薄毛の悩みが出てきます。何故、人は年を取ると髪が抜けたり、薄毛になってしまうのでしょうか?人生の中で一番髪が豊かな時期は20歳の頃です。20歳をピークとして髪の量は次第に減っていきます。

脱毛や薄毛の原因は、ホルモンバランスが崩れてしまうことにあります。卵胞ホルモンエストロゲンには、髪を育ててくれる働きがあるのですが、残念ながらエストロゲンの分泌量も年齢とともに少なくなってしまうのです。脱毛を促す働きがあるのが、男性ホルモンです。男性ホルモンの働きが活発化されると、抜け毛や薄毛が多くなってしまいます。

また脱毛は、身体の中に蓄積されてしまった毒素を身体の外へ出すための浄化作用でもあるのです。肝臓機能の働きが悪くなったり、放射能や薬物成分の影響などでも、身体の毒素を外に出すために、髪が抜けやすくなってしまうのです。そのため不摂生な生活をしていたり、食生活のバランスが悪くなることで髪の悩みも増えていきます。

そこで髪の悩みを抱えている人は大豆イソフラボンを摂取するようにするとよいでしょう。大豆イソフラボンには、男性ホルモンの分泌を抑えてくれる働きがあるので、髪が抜け落ちるのを防いでくれるのです。大豆イソフラボンと一緒に是非摂取したいのが、トウガラシに含まれているカプサイシンという成分です。毛乳頭を活発化させるため、毛簿細胞の成長を促すため、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで、発毛効果を期待することが出来ます。そこで髪に悩みを抱えている方は是非、豆腐入りの味噌汁にトウガラシをほんの少しかけて食べてみてはいかがでしょうか。