若々しくあるためにイソフラボンを

イソフラボンとエクオールの関係

エクオールは、スーパーイソフラボンとも呼ばれています。イソフラボンの1種であるダイゼインが、腸内細菌と反応して出来る物質です。大豆イソフラボンよりもエストロゲン様作用が強いといわれています。

イソフラボンのサプリを摂取したり大豆製品を積極的に食べたりしてもあまり効果が得られない人がいます。それは、体内でエクオールを作り出せないからです。日本人の約半数はこの作用がないといわれています。この割合は多いのか少ないのかというと、実は多いのです。エクオールを作り出せる人は、中国人では約50%いますが、欧米人では20~30%しかいません。また、日本人でも20代では30%ほどに下がってしまいます。それは、欧米人はあまり大豆製品を食べないからです。また、若い人の食生活は欧米化しているので、割合が低いのです。エクオールを作り出せる体質かどうかは、子どものころの食生活で決まってしまっているともいわれています。

気になる人は、検査キットを使って調べてもらう事が出来ます。尿を採取して郵送するだけです。特に、更年期障害がなかなか改善しない場合には、知っておく必要があります。もしエクオールを産生出来ない体質だったとしても、がっかりする事はありません。腸内環境を整える事によって、ある程度はイソフラボンの効果が上がります。食物繊維等を積極的にとるようにしましょう。また、エクオールのサプリも販売されていますから、上手に利用しましょう。