若々しくあるためにイソフラボンを

イソフラボンに共通する効果とは?

イソフラボンを含む食品はいくつか知られていますが、私たち日本人になじみがありかつイソフラボンと言えばこれ、という食品は大豆でしょう。豆腐や豆乳、おから、きなこといった食材としてだけでなくしょうゆやみそ、納豆というぐあいに発酵させて調味料としても利用され、日本人の毎日の食卓には欠かせないものです。

エストロゲン様の作用をもつ成分を含むものは大豆以外にも、ポリフェノールをたくさん含んでいるザクロ、大豆の数十倍ものイソフラボンを含んでいるプエラリアが有名です。イソフラボンには分子構造の大きさの違いから「アグリコン型イソフラボン」と「グリコシド型イソフラボン」の2つに区別されてます。効率よく体内に吸収するには、糖が外れて分子構造が小さくなっているアグリコン型を摂取するほうがよいのです。しょうゆやみそは加工や発酵の過程でアグリコン型となっていますので、体内吸収が効率よくできるイソフラボンです。

一方、豆腐や豆乳、納豆については糖が未分解のままのグリコシド型です。体内の消化に時間がかかり、栄養素として腸から吸収されるのは食事してから6~8時間後、2割程度しか吸収されず、残りはそのまま体外へ排出されてしまうのです。しょうゆやみそは吸収率はよいのですが、塩分の摂取量が気になりますね。

食事はバランスよくアグリコン型とグリコシド型を組み合わせて献立を考えるべきでしょう。また、イソフラボンを摂取する目的でサプリメントを選ぶ際には吸収率にも気を配りたいところです。