若々しくあるためにイソフラボンを

プエラリアと大豆イソフラボンどちらがおすすめ?

バストアップに非常に効果をもたらすと絶賛されているのが、美容家の中でも知らない人はいないというプエラリアですね。プエラリアは、女性ホルモンであるエストロゲンを補充する働きをし、その増加したエストロゲンの働きにが、バストアップや更年期障害による諸症状の改善、加えて美肌効果ももたらしますが、そのプエラリア自体の働きが強すぎるせいで様々な副作用に悩む人も少なくありません。

このプエラリアと同じように、女性ホルモンに直接働きかけエストロゲンの分泌を促す働きをするものに、私たちにとても身近なもので大豆イソフラボンがあります。大豆イソフラボンはプエラリアに比較すると、働きはとても弱く即効性がないので、即効果を感じたいという方には少し物足りないように感じるかもしれません。しかし、エストロゲンが過剰に増加することによりホルモンのバランスが崩れてしまい、様々な体調不良を引き起こしてしまうよりは健康的といえるでしょう。

また、プエラリアに比較して働きの弱い大豆イソフラボンでも、過剰に摂取すると副作用をもたらすこともわかっていますので、摂取量には十分な注意が必要です。イソフラボンの一日の摂取量の目安は30ミリグラムをされており、例えば、納豆なら1パックです。日本人の場合、大豆イソフラボンは味噌や醤油にも含まれておりますので、比較的普段の食事でも十分摂取していることもあるでしょう。普段の食生活に冷奴や納豆といったように、手軽に加えられるものを取り入れると、大豆イソフラボンの摂取はとても簡単にできるのでおすすめです。