若々しくあるためにイソフラボンを

ひとつだけじゃない!イソフラボンには種類があるんです

女性ホルモンに似た働きを持ち、高い美容効果が期待できる事で有名なイソフラボン。実は、一口にイソフラボンと言っても種類がある事をご存じですか?イソフラボンの種類について詳しく解説いたします。

そもそもイソフラボンとはポリフェノールの一種で、大豆や葛といったマメ科の植物に多く含まれています。納豆や豆乳等の大豆製品は身近で摂取しやすいので、イソフラボンといえば大豆イソフラボンを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。

大豆イソフラボンはアグリコン型とグリコシド型の2種類があります。アグリコン型は糖が分離した形、グリコシド型は糖が結合した配糖体と呼ばれる形をしているのが特徴です。

両者の大きな違いは体内に吸収されるまでの手間と時間です。アグリコン型は分子が小さく、スムーズに素早く吸収されます。一方、グリコシド型は糖と結合しているため分子も大きく、さらに腸内細菌によってアグリコン型に分解されて初めて吸収されるので、吸収スピードが遅いです。ただし、腸内細菌の働きには個人差があるため、吸収できる量は人によって異なります。

大豆製品はたくさんありますが、そこに含まれているイソフラボンのほとんどは吸収されにくいグリコシド型です。アグリコン型は味噌に含まれています。毎日味噌汁を飲む習慣があればまだよいのですが、イソフラボンを効率的に摂取するためにはサプリメントも併用するのがオススメです。サプリメントで摂取する場合は、アグリコン型が配合されているものを選ぶようにしましょう。  こちらの価格の安いイソフラボンのサプリメントについても合わせてご覧ください。